2013年10月12日土曜日

金沢能登の旅その② 能登は広いよ…今回珠洲までたどり着かず


前回の金沢の桐火鉢に続き、今回も火鉢クラブらしく、珠洲の珪藻土七輪について書こうと思っていたのですが、その前に、珠洲までの道のりについて書いとこうと思います。

さすが、あの大きな能登半島の先まで行こうとなると、交通機関が少ないだけに、結構大変なのです。その大変さ無しに能登は語れない。

金沢を出た私たちは七尾で一泊して、翌朝、のと鉄道でまずは穴水に向かいました(下にスクロールすると地図があります)。なんと、のと鉄道の車体はこんな萌え電車でした。


かつては珠洲の蛸島が終点だったのと鉄道も、今では穴水が終点。それから先はバスに乗り換えねばなりません。
今時、珠洲へ行くとなったら、東京から能登空港へ直接飛ぶか(空港からはふるさとタクシーという乗り合いの安価なタクシーがあります)、金沢から高速バスで一気に行く。もしくはレンタカーを借りるか、団体旅行の観光バスでしょう。
穴水で高速バスに乗り換える人なんているんでしょうか?
でも、のと鉄道に乗ったからこそ、この萌え電車にも出会えたんですよね。あ、そうそう。のと鉄道の車内からは穴水の有名な「ボラ待ちやぐら」も見えました。

今回、なるべく公共交通機関を使って行くことにしていました。それに、せっかくだから、途中一カ所くらいは海の見える気持ちのいい場所で下車したい、ということで、以下の地図に書いたような不思議な経路となりました。

前日、金沢よりJRで七尾に入り、翌日は七尾からのと鉄道で穴水まで向かいます(穴水に行く手前には有名な和倉温泉もあり、そこまではJRも繋がっています)。そして、終点穴水から先は高速バスです。しかしこの高速バスの乗り場は駅前ではないのですね。タクシーで5分くらいかかる場所ということで、事前に列車の到着時間に合わせてタクシーを予約しておきました。で、駅からちょっと離れたバス停に移動し、待つこと10分程。バスはやってきました。
なぜ、七尾からバスに乗らないかって?七尾にはこの高速バス、通っていないのです。

高速バスはたいてい能登空港を経由します。私たちが乗ったバスの路線も、まずは内陸の能登空港に向かい、そこから再び海岸沿いに出てきました。内陸をずっと行くバスもありますが、海が見たかったので、海岸沿いを走るバスを選びました。「選んだ」と言っても、午後早めに珠洲に着こうと思ったら、このバスしか選べません。

この高速バスの終点は珠洲。最終目的地、湯宿さか本があるところです。しかし、私たちは海に近い宇出津というところで一旦バスを降り、そこからタクシーに乗って「波並」というところに向かいました。先に書いたように、一カ所くらい海の見える気持ちのよい場所に立寄りたかったからです。

海はキラキラ輝いて、水平線は一直線、薄い青と濃い青のツートンです。

この波並にはかつて「さんなみ」という有名な民宿がありました。この波並の両隣には矢波と藤波という場所があり、この3つを合わせて「三なみ」ということから名前をつけたそうです。現在はフラットベーカリー、10月より改め「能登パン」というパン屋さんになっています。

 ちなみに、民宿「さんなみ」はその後、矢波の海を見晴らす場所に移ったのですが、一昨年、ご主人が体調を崩されて引退。惜しまれながら閉店しました。現在、矢波の宿はイタリアンを出すお宿「ふらっと」として娘さん夫妻が営業を続けています。上のベーカリーの写真に写っているのがご主人。イタリアンのシェフです。


ベーカリーは海岸沿い、遠く海の向こう側に立山連峰を見渡す気持ちのいい場所。以前はここにバス停と待合所らしき掘建て小屋がありました。それがとっても可愛らしくて、観光パンフの表紙にもなっていたのですが、台風などで徐々に壊れ、結局、撤去されてしまったようです。残念。

この気持ちのいいパン屋さんのカフェで、海を見ながらランチ休憩してから、再びタクシーで珠洲に向かうことにしました。






こうして途中下車するとなると、交通機関の少ない能登半島では、やはりタクシーは使わざるを得ません。バスを乗り継ぐと、その日のうちに目的地には着けなくなる可能性もあります。それが能登半島の先っちょ、珠洲というところ。金沢からタクシーで行くと5万円はかかる距離です。

都合の良い所までバスや電車で行き、最後の部分だけタクシーに乗ってワリカン。このタクシー部分をいかに減らして、行きたいポイントに寄るかが、旅の計画の腕の見せ所。レンタカーで行けばそんな心配はありませんが、今回の旅人3人中、一人しか免許を持ってなかったので、公共交通機関を使いました。しかし、そのほうが写真は撮れるし、途中、タクシーの運転手さんの話も聞けて、いろんな旅の醍醐味を味わえます。

今回の運転手さんは、私たちが東京から来たと知ると、栗が拾えるスポットに連れてってくれました。道路にイガイガがごろごろ。でも既に中身は取られて空っぽ。


見上げると、まだ枝に栗が・・・

近くの草むらを覗くと、まだ実が入ったイガイガが落ちています。そんなのを見つけ出して集めたら、30粒くらいは集まりました。柴栗という種類の小さな栗です。
  

その運転手さんは、栗を拾った後、なぜか下の写真のキリコを模した橋に連れてってくれました。
キリコといえば能登の代表的なお祭りで使われる巨大な燈籠ですが、これはそれを象った橋。ふるさと創世かなんかの1億円で作ったそうです。運転手さんは、それを批判的に語るでもなく、本気で「見せたい」と思って連れて来てくれたようです。けれど、今回の旅のメンバー全員報道番組経験者というのもあり、微妙な感じ。でも、キリコは能登の人たちにとって自慢の祭りなのだなというのは伝わりました。いつか、本物のキリコ祭りを見に来たい!

というわけで、タクシーはその後、珠洲の宿、さか本まで向かったのでした。
そうそう、その運転手さんは、自宅の庭でとれたといういちじくもくれました。甘かった。

次回こそ、七輪の話書くぞ〜!


「ふらっとベーカリー」改め「能登パン」














2013年10月11日金曜日

金沢能登の旅その① 金沢瓢箪町の桐火鉢


先日、金沢を経由して能登に行ってきました。
珠洲の湯宿・さか本に泊まり、珠洲の珪藻土七輪を見るのが最終目的でしたが、その途中、金沢で桐火鉢に出会ったのでご報告。

いつもは能登へ行くなら飛行機で飛ぶのだけれど、今回、上野から金沢まで新幹線&特急列車で3時間半で行けることを発見(無知ですいません…)。その上、列車ならもよりの上野駅発。その上、北陸フリー切符を利用すれば、上野ー金沢往復2万円を切ります。金沢で昼ご飯を食べ、七尾で一泊して珠洲に行くことにしました。七尾へは、その日のうちに移動でしたが、ランチの時間まで1時間程あったので、その日金沢で行われていた町家巡遊というイベントのチラシに載っていた「火鉢セエル市」をやっているという店に行ってみました。

駅からほど近い瓢箪町にある「岩本清商店」。

看板には大きく「桐火鉢」の文字。火鉢といっても、陶器や箱火鉢ではなく、桐のくり抜き火鉢のお店のよう。

中に入ると、ありました桐火鉢。



桐火鉢というと、大きめなものを想像していましたが、こんな手焙りくらいの小さいものも結構あるんですね。桐だからとっても軽いし、持ち運びに便利そうです。火鉢セエル市というとおり、セール品もありました。



こちらは結構大きめの火鉢です。持ってみましたが、これだけ大きくても、桐だけあって軽く簡単に持ち上げられました。しかし、まだ焼きが入っていない未使用の木地。中の灰を入れる落としもありません。書いてあるように、焼き加工は3150円〜5250円でやってもらえるよう。落としも別途料金でつけられるようです。

ただ、これくらいの大きさだと、置き場所を確保するのが結構大変です。日常的に使わないという人には邪魔かもしれません。それに、さすが桐の手作り火鉢、そんなにお安いものではない。

というわけで、ちょっとしたものを焙ったり、時々炭火を楽しみたいという方用にはこんな大きさもありました。



まるで地球のようにまん丸。ふたを開けると、ほら、火鉢です。高さ13、5cmのコゲダマまんまる夏火鉢。焼きを入れたまんまるな桐を火鉢にしました。一番人気だそうです。価格は、蓋付きで30000円+税だったと思います。お店のウェブサイトによれば、ふたなしだと26000円+税のようです。テーブルの上で使うのにとても便利そう。このデザインなら、洋でも和でもしっくり来ます。ちなみに、このコゲダマはいろんな大きさがあり、その大きさによって、一輪挿しになったり、コゲダマシリーズとしていろんなものが作られているようです。


これらの火鉢、お店の近くにある工房で、もちろん手作業で作られています。実は、最初まちがえて、工房の方を訪ねてしまったのですが、一人の青年がもくもくと作業をしていました。あまりに真剣に作業をされていたので、話は伺わず、お店の場所だけ聞いて、工房をあとにしました。

そんな岩本清商店は、火鉢だけでなく、桐工芸全般行っており、茶道具をはじめ、現代の暮らしの中でも使える雑貨類をいろいろ作っています。


火鉢周りの道具も、それぞれの職人さんにたのんで作ってもらっているようです。こんなかわいい灰ならしがありました。ひめだるま。焼けこげ具合がかわいいです。

笹島友紀子さんという方の作品。さすがに火鉢の衝動買いは…と思い、この灰ならしをひとつ買ってきました(大きさが微妙に違うのが2つ並んでいますが、それぞれ1つが2100円。どちらも値段は同じようです)。

でもやはり、このコゲダマがおすすめかなあ。
これちょっと木星みたいですよね。木星の目みたいなのがあります。木目の神秘でございますな。木の火鉢ならではの美しさ。そして、桐火鉢本当に軽いですよ。表面も熱くならず、おすすめです!
 

岩本清商店
http://www.kirikougei.com

次回は能登半島・珠洲の珪藻土七輪を紹介します。

2013年8月24日土曜日

2k540AKI-OKA にて鯖江のメガネの職人技を見る!

眼鏡をかけている皆様へ!
今日、JR秋葉原と御徒町駅の間のガード下にある2k540 AKI-OKA ARTISANに行ったら、たまたま福井県の鯖江市フェアやってました。以下の写真。自分の好きな色のセルを選んで眼鏡の形の小さなキーホルダー作りができるのです。電動のヤスリで削って、セルを磨くんですね。職人さんが指導してくれます。

実は私、2年前鯖江市に行ったおり、「めがねミュージアム」にて、このチビ眼鏡作りを体験しました(下のチビ眼鏡のほうの写真はそのときのもの。おじさんの写真は今日撮ったものです)。で、その時思ったのは、手持ちの古いセル眼鏡の曇りもこれで削れば綺麗になるジャン!でも、鯖江に行ったときは古い眼鏡は持ち合わせず…。で、今日、このイベントを見て膝を打ったのです。ちょうどかけていた眼鏡のセルが曇っている。形は気に入っているだけに捨てたくはない。そんでダメ元で、これを磨いてもらえませんか?とたずねたところ。職人のおじさんは喜んでやってくれました。ここではレンズを外せないので、隅から隅まで完璧とはいきませんが、相当キレイになりました。感激!


以前、某舶来有名メーカーのお高いフレームをメンテに出して、タダで修理してくれることに、さすがお高い眼鏡は違うと感動したのですが、壊れた部分は直ったものの、セルの磨きについてはいまひとつ。曇りはとれていませんでした。これが限界とのことだったのですが、今日磨いてもらった眼鏡はピカピカ。おじさん曰く、綺麗になるはずだよ、とのこと。小売店の効用とは、きちんとメンテをしてくれること。最近、お客と直でやり取りできる小売店が減って来て残念な限りとも言ってました。

鯖江のめがねミュージアムにいけば、1万6千円で、自分の好きなセルを選んで、好きな形にデザインした眼鏡を作ってくれるそうです(レンズは別料金)。もちろん、その後も送ればメンテしてくれます。東京の表参道にも支店がありますが、そこではやはり地代が高いのか、この価格ではオーダーはやれないよう。
でも、たまに特別企画で、東京でも1万6千円のオーダー受注をやるそうです。
自分の顔に合う形の眼鏡って、そうそう見つからない。気に入った形の古い眼鏡を持って行って、同じ形でお好きなセルで作ってもらうのもいい

2013年7月28日日曜日

宮崎駿監督の「風立ちぬ」を見てきました。


「国破れて山河あり」。
震災後、ずっとこのフレーズが頭の中を漂っているのですが(内田樹さんがよく使われているのもありますが)、「風立ちぬ」を見て、最初に浮かんだのはこの言葉でした。

冒頭のシーン。屋根の上から見晴るかす山並みと田園は、まさにそこを飛行機で飛びたくなるような素晴らしい風景。まだ何も物語は始まっていないのに、涙がこぼれました。そこにあったのは、戦前の日本の美しい景色。雄大な自然の風景だけではありません。蚊帳の向こうにボケる庭、低い町並みと看板の一つ一つ、町行く人の服装、立ち居振る舞い、牛が飛行機を運ぶ道行き…。歩くスピードで生きる人々の暮らしの風景は、黄昏時を思わせる、なんともいえない色気のある美しさでした。

実話をもとにした話ですから、描かれる風景は、夢の一部をのぞいては、かつての日本の実際の風景なのでしょう。それは、これまでの宮崎映画に出て来る空想や歴史資料を元にしたずっと昔の景色ではなく、戦前生まれのお年寄りならぎりぎり見たことがある、また私たちもう少し若い世代も写真で見たことがあったり、想像がつく、手に届く時代の日本の風景です。

飛行機の映画ですから、上空からの俯瞰で描かれる景色もたくさんあります。飛行機って風景を眺めるためにあるのだなあと思ってしまいます。それも、風景を“眺める”だけでなく、風に乗り、風景を“感じる”、風景と”一体になる”ためにある。 

唐突ですが、今人気の朝のテレビ小説「あまちゃん」のオープニングタイトルもラジコン飛行機からの映像です。三陸海岸の風景がやたらとグッとくると感じていましたが、ああ…と納得しました。

そのように、飛行機は使い方によっては、美しい風景をより美しく見せてくれるものです。しかし、戦争は飛行機から見た風景を、血の海に、ガレキの山に、荒野に変えてしまいます。

映画のパンフレットには「飛行機は美しい夢」と題された宮崎駿監督の企画書が掲載されていて、その末尾は「全体には美しい映画をつくろうと思う。」で締めくくられています。まさにそんな映画でした。

限られた時間を一生懸命生きる…という多くの紹介記事に書かれているテーマについても思いは巡りましたし、自分にも時間は無い…と身につまされはしましたが、今の自分の涙腺を最も緩めたのは、風景のほうでした。自分の仕事はこれです!と胸を張れる自信の無い私にとって、生きねば!のほうに心が動いてもいいはずなのに、涙が出たのは風景でした。

「もののけ姫」や「ナウシカ」の時は、映画を見ながら文明論めいたものを言葉で考えようとしました。しかし、この「風立ちぬ」はそういう気にならなかった。いろんなことが考えられそうだけど、それで出てきた言葉は空回りしそうな気がします。風景が語るものは思ったより多い。いや、多過ぎて複雑で説明することができない。考えることを放棄しているだけなのかもしれませんが、ちょっと立ち止まって、言葉の無い風景に涙が出てきた意味を考えて見ようと思います。

「国破れて山河あり」。
しかし、今の日本は、原発事故という未曾有の出来事によって、この自明の真理さえ覆されかねない状況です。やっぱり、国破れても山河は残らなければならない。「風立ちぬ」に描かれた日本の風景を見ていて、あらためてそう思いました。

でも、「風立ちぬ、いざ生きめやも」の方に私がそれほど反応できなかったのは、人間社会を怖がっているからなのかもしれません。そんなことを考えて打ちのめされてもいます。そういう意味では、この作品が駄作であることを望む…。

とりあえず、第一弾の感想です。時間が経つとまた変わるかもしれません。

2013年6月24日月曜日

floating 上野不忍池の蓮・初夏③


ブログ「花は町にあるように」更新しました。
上野不忍池の初夏③

ブログから1枚


そしてflying

後の写真は、上記のブログをご覧下さい!

2013年6月22日土曜日

Klimtみたいな不忍池

上野不忍池の5月の風景。
「花は町にあるように」更新しました。
写真一枚だけこちらにも掲載。

ブログにはほかの写真も掲載しています。

花は町にあるように
http://hibachiclub2.blogspot.jp

2013年6月20日木曜日

納涼会

今年こそはまた納涼会をやりたいと思っているが、
どのくらいの方が来て下さるものだろう??
現在、プチ計画中

ブログ『花は町にあるように』更新 不忍池の蓮


1年塩漬けにしていたブログ「花は町にあるように」を更新しました。
この1年間で撮影した写真をこれから公開して行こうと思います。
上野公園周辺、皇居のお濠で撮影した草花。


ちょっと不思議な風景も。どうぞお楽しみに!

http://hibachiclub2.blogspot.jp

2013年3月21日木曜日

寺田本家・お蔵フェスタ おいでいただきありがとうございました

3月17日(日)お蔵フェスタ無事終わりました。

お蔵フェスタで火鉢クラブのブースを訪れて下さった皆様。干し椎茸を買っていただき、また、菊炭の美しさや炭火の心地よさ、炭火焙煎にも興味を示していただきありがとうございました。

今年は都内のアースイベントと重なった為、テントがあまりたくさんレンタルできなかったようで、テントがないブースもいくつかありました。火鉢カフェも小規模なのでテントは予約していませんでしたが、到着してみると、指定の場所にはテーブルも無く更地。あわてて、長テーブルを探しに走りました。なんとか2つゲットして、突貫工事でなんとかお店に仕立てました。手作り感満載過ぎww


今回は一人での参加となり、荷物は極力少なくしたため、火鉢クラブといいながら、熱源は七輪のみになりました。しかし、この七輪と鉄瓶の組み合わせに意外と「かわいい〜」の反応が多かったんですよね。炭や椎茸には目もくれず、「この鉄瓶は売り物じゃないんだよね?」とおっしゃる方が何人もいらっしゃいました。やはり鉄瓶は人気です。
ここぞとばかり、本物の南部鉄瓶の蔓(つる)は中が空洞で熱くならないという話、もう一軒しか作る工房が無いことなどをお話しし、南部鉄瓶を宣伝。
国内の伝統工芸も応援することも火鉢クラブの活動の一環です!!




お隣は発酵韓国カフェの「もわ」さん。
チヂミと参鶏湯を販売されてました。参鶏湯とチヂミをいただいたので、こちらからはかりんとうと珈琲でお返し。こうしたやりとりもお蔵フェスタの醍醐味です。

手前に積んでいるのが内子町の干し椎茸です。

もちろん、この方達も連れて行きました。
炭と怪獣という組み合わせに、小さい子供たちがかなり反応してくれました。ダダやガラモンは今の子供たちも知っているようで、指差して「ダダだ」と言っている子も。



もちろん、いつものようにお花も飾りました。
手前の赤いお椀は、上野不忍池の骨董市で買った沖縄の漆。濃い赤の色に大胆な花柄に惚れて即買いでした。
菊炭の美しさは通りかかる多くの方に分かってもらえたのではないかと思います。
ただ、やはり炭はあまりたくさんは売れず、展示として見ていただいた感じでした。
やはり、こういうところでちょっと買ってくものではないのかなあ?
飾り炭の飾りスキルをもっと上げて、販売よりも展示の方に力を入れた方がいいかなあと思いましたです。



七輪と手網を使って、コーヒー豆の焙煎もやりましたが、やはり一人では珈琲を常時販売するだけの手は足りず、珈琲は焙煎でいい香りを立てて客寄せにするだけの役割となりました。でもお一人だけ、一杯珈琲を飲んで、焙煎した豆を買って下さいましたよ。

冬に限らず、コーヒー豆焙煎体験はイベントとしてやれるといいなあと思っておりますが、場所の問題もあり、まだ実現に至っておりません。なんとか、近いうちに実現したいもんです。

今年の冬の火鉢クラブのイベントは火鉢カフェ1回、火鉢句会1回、お蔵フェスタ参加の3イベントで終わりましたが、なんとか今年は、去年はやれなかった夏のイベントもやれればと思っています。
湯団を敷いて涼む会などやりたいですが、これは経費との戦い。
今回も赤字にならない商品の値つけをすると、それほど安くは販売できないということを実感しました。そんな値段の話はまた改めて書きたいと思います。デフレの世の中、安いということに慣れ過ぎることの罪。この問題はちゃんと考えねば…と思っています。