2017年5月2日火曜日

カフェと書店を飛び交う「空飛ぶ火鉢」。販売店舗について

先日発売した火鉢クラブの本「空飛ぶ火鉢vol.1」。
通販以外の直販の販売店舗ですが、今日の時点で、浅草、谷根千の4軒の本屋さんに置かせていただいています。また、見本誌をその近隣のカフェに置かせてもらっています。
見本誌の表紙には近隣の販売書店のショップカードとか、店名や場所のわかるものが貼ってあるので、その地図や住所などをメモるか、写メするなどして、販売店に足を伸ばしていただけるとありがたいです。

「空飛ぶ火鉢」を置かせていただいている書店や古書店はどのお店も個性的で、素敵な雰囲気のところばかりです。「空飛ぶ火鉢」を買うためじゃなくても一度足を運んでいただきたいお店ばかり。素晴らしい本との出会いがあるだけでなく、とても充実した時間を過ごせるはずです。

街の素敵なカフェで「空飛ぶ火鉢」を見かけて、近くの書店を訪ね、そこでまた新たな本に出会い、今度はその本を手にしてカフェでコーヒーを飲みながら読書する。「空飛ぶ火鉢」がそんなサイクルのきっかけになれたら嬉しいなあなんて思います。

…なんて言ってますが、そもそも「空飛ぶ火鉢」を置かせてもらってるカフェも書店も、「空飛ぶ火鉢」がきっかけにならずともすでに人気のお店ばかりで、本を置いていただけるという恩恵にあずかるのは火鉢クラブの方なのですが、なんだか、「街全体がブックカフェ状態」みたいな感じになるといいなあなんて思って、カフェに見本を置かせてもらって、お近くの書店に誘導するという販売方法にしてみました。カフェと書店の距離はできるだけ近い、徒歩数分以内のところを選んでいます。数十秒のところもあります。もちろん、書店に直接言っていただくのは大歓迎です。

カフェで見本誌を手にとってくださったお客さんにとってはちょっと不便かもしれませんが、アマゾンで本を買うことが増え、本屋の棚を見るという機会が減ってきている昨今、本屋さんで未知の本に出会う楽しさも感じていただければと思ったりしています。

以下が、現時点で「空飛ぶ火鉢」の見本誌を置かせていただいているカフェと販売書店・古書店になります。よろしくお願いいたします!

台東区・谷中 見本誌「コーツトカフェ」http://www.couzt.com/
          販売「ひるねこBOOKS」http://hiruneko.thebase.in/

台東区・浅草 見本誌「スプレンダーコーヒー」http://www.splendor-coffee.com/
          「フェブラリーカフェ」    
                http://www.facebook.com/FEBRUARYCAFE/
        販売「Readin' Writin'」http://readinwritin.net/

文京区・千駄木 見本誌「ケープルヴィル 写真館&カフェ」http://www.capleville.jp/
         販売「古書ほうろう」http://horo.bz/

文京区・根津  見本誌「自然食・根津の谷(レストラン)」
                        http://nezunoya.web.fc2.com/
         販売「古書&ギャラリー・タナカホンヤ」
                     http://blog.livedoor.jp/tanakahonya/

0 件のコメント:

コメントを投稿