2012年6月3日日曜日

花は野にあるように vol.1「アジサイのブーケ」

「花は野にあるように」第一回は梅雨の花アジサイ。野の草花が、まるでいけばなや寄せ植えのようなかたちで咲いている姿を切り取ると前回の口上に銘打ったけれど、しょっぱなからイレギュラーなパターンで始まってしまいました。

【アジサイ一輪のアップです】
上野不忍池の周囲に咲いていたアジサイ。花が開きかけの若いセイヨウアジサイじゃないかと思います。これがもっと開くといつもの感じのアジサイに。


種類はともかくも、一輪の花がまるでいろいろな種類の花で作られたブーケのようで、おもわずシャッターを切りました。時は6月、ジューンブライドにこのまま渡したいと思えるかわいらしいブーケです。花が開いてゆく過程の、蕾の部分、緑色の開きかけの部分、大きく開いてピンクに色づいた部分、それぞれが種類の異なる花のように様々な表情を見せています。もう少し時間がたつと、全ての花が同じような大きさに開いてピンクに色付き、単調になってしまうかもしれません。今の時期だけ楽しめるアジサイのブーケです。

たまたま見かけたこの姿形は一期一会。また明日には違う美しさに変化しています。そんな偶然の出会いも、この初々しさも花嫁のブーケにぴったりだなあと思いつつ、「花は野にあるように」の第一回にこの写真を選びました。

ところで、アジサイには両性花と装飾花の二種類の花があります。受粉して結実する本来の意味での花は両性花。装飾花は結実しない花です。周囲だけに花が咲くガクアジサイの真ん中の部分が両性花、周辺が装飾花。つまり、普通のセイヨウアジサイの花はすべてが装飾花です。品種改良によって装飾花のみになったそうです。また、装飾花の花びらと思われているものは実は萼(がく)の部分で、中心にある小さい粒が花の部分です。写真のアジサイにも萼の中央に小さい粒が見えますが、それが花。もうしばらくすると開いて、雄しべと雌しべらしきものが出てきますが生殖能力はありません。

近くで花を覗き込んだからこそ、こんな花の構造まで見えてきたわけですが、かつては満開になったアジサイをちょっと離れたところから眺めていました。濡れながら咲く青紫の手鞠のようなアジサイに雨に佇む大人の女性をイメージしていました。それもちょっと和服のイメージ。しっとり落ち着いた美しさは、騒々しい自分とはなんとなく遠いものでした。けれど今回見たアジサイは、雨の日のブルーな気分を浮き立たせるような初々しさ。一つの花も開き始めてから枯れるまで、人間同様、若い初々しさ、大人の艶と落ち着きといった美しさの変化があるのだと気づかされました。「蕾、満開、枯れる」という言葉はよく使い、その頃の花には意識的に眼を向けます。けれど、写真のアジサイのような蕾と満開の間、まさに開こうとしている時期の花というのは、野で出会っても、途中経過として見過ごしがちなのかもしれません。アジサイのいろいろな顔を知ったことで、遠いと思っていた大人アジサイも好きな花に変わりそうです。


【日本原産のガクアジサイ】
初々しいブーケの前を通り過ぎると、今度は繊細なレースを見つけました。下の写真は同じ上野不忍池のほとりにあるガクアジサイです。


ガクアジサイは日本の原種で、これを品種改良することでセイヨウアジサイも生まれました。中心の粒々の部分が両性花。白い装飾花は萼(がく)。本来の花は粒々の方です。そして、こんな粒々が、近くで見ると装飾花に増して美しい。やはり本物の花だけのことはあります。今頃気づいたんですけどね…。本当のアジサイとは何か。その入り口にやっと立てた気がします。

これをきっかけにアジサイの画像を検索してみてびっくり。どれも驚くような可憐さ。今まで私はアジサイのことをほとんど知らなかった…と愕然。アジサイが好きな花の上位にぐーんと上昇です。いろんなアジサイの画像、こちらのサイトが綺麗です。

最後に、もっと若くて、花びら(萼)が色付く前の緑色のセイヨウアジサイの写真を紹介します。

こんな緑色のブーケは誰にあげましょうか…? 

いくつになっても新しく何かを始めようとしている人にプレゼントしたいと思います。






0 件のコメント:

コメントを投稿